過去レース傾向・穴馬予想

【6月ラスト】ラジオNIKKEI賞

スポンサーリンク

 

6月も間もなく終わり。

上半期の回収率は今んとこギリ100%

ここでなんとか踏ん張らねば。

唯一の救いはG1レースじゃないこと。

だってG1当たらないんだもん

G3の回収率は200%越えているから

ここが本当にふんばりどころ。

しかしラジオNIKKEI賞は荒れるG3

あー苦手だな。

過去10年すべて万馬券。

半分は10万馬券超えときたからに

ちょっと不安な面もある。

それでは

ラジオNIKKEI賞の傾向

スポンサーリンク

人気別傾向

1馬人気の複勝率は60%連対は50%なんでぼちぼちですね。

勝率は2番人気の方がやや高い。

また、5・8・9番人気が複勝率30%越え

最下位人気でも3着に来るなどという展開もあるので

人気だけの安易な判断はやめておこう。

勝ち切るのは8番人気まで!

単勝オッズでみると~50倍の馬までがヒモ候補か?

15~20倍の馬が一番複勝率が高い

スポンサーリンク

脚質別傾向

スポンサーリンク

脚質は先行で競馬出来る馬が有利。

ただ逃げ馬に勝ち切りはないものの

3着以内に残せる確率が高くなっています。

ラスト3Fで最速の脚を使える馬よりも

6位以下の馬の方が複勝率は高くなっている。

前で競馬出来る馬を軸にする方が安心できそう。

枠番別傾向

2枠次いで8枠が好成績。

1コーナーまでの距離があるので

そこまで大きく有利・不利はないと思われる。

開幕週なので前日の福島9レースが

どのような展開になるのかは参考にしたいところ。

当日の天気なんかも気になる。

斤量別傾向

ハンデ戦はここ結構重要。

斤量が52キロ以下は複勝率0%

一番好成績は54キロ

勝率が5割。

今1番人気のヒシイグアスも54キロ予定なので

注目が高まりますね。

前走別傾向

前走着順が1着馬が6勝しているが

6~9着の巻き返しも十分あるレース。

キャリア2戦の馬の複勝率が高いが

注目すべきはキャリア5戦目以上から。

前走G1組は0勝、G3組は複勝率0%

条件戦やOP特別に出走していた馬の方が好成績。

本当に取捨選択に悩むレースですね。

今のとこの本命馬

スポンサーリンク

◎ヒシイグアス

Mデムーロ騎手がアドマイヤではなくこっちを選んだということでしょうか。

前走のマイナス16キロはほんと訳がわからなかったしショックだった。

放牧に出してどこまで戻せたか。

力関係は間違いなく上位。

馬体戻っていると仮定してこの斤量でここで馬券ないに絡めなければこの先もしんどいような。。。

逃げなきゃ負けるみたいな感じになっているけど

先行でもしっかり競馬出来るとおもている。

ランスオブプラーナが行きたがるやろうから

そこまで逃げに拘る必要はないと思う。

力出せれば馬券内はかたい一頭。

ただ私のMデムーロ騎手の回収率が悪いから

ここで回復させてほしい。

切実に。

-過去レース傾向・穴馬予想

Copyright© じろうの競馬~過去データと前走の走りから評価する~ , 2021 All Rights Reserved.