過去レース傾向・穴馬予想

2019年【菊花賞】過去データ要点まとめと穴馬

スポンサーリンク

 

この記事では今週の重賞菊花賞の過去10年データの要点だけまとめていくよ!最後に注目の穴馬もあるから是非みてね!

 

この記事はこんな人にオススメ
競馬予想が数字ばかりでどれを見ればいいかわからない人
ざっくり菊花賞の過去データを知りたい人
菊花賞でヒモで何を入れるか悩んでいる人

 

2019年【菊花賞】過去データ要点まとめと穴馬

スポンサーリンク

 

 

2019年10月20日(日)

京都 11R

G1 菊花賞

芝 3000M

 

 

人気別傾向

  1. 1番人気の複勝率70%信頼度はそこそこ高い
  2. 7番人気が信頼度50%で2番目に高い
  3. 4番人気も複勝率10%は不振気味
  4. 1倍台のオッズは勝率100%
  5. 単勝オッズ5倍台は1勝のみ
  6. 100倍以上は馬券に絡まない

 

過去10年で4回10万馬券が出ている。強い馬が勝つと言われているがガチガチの結果になったのは1回のみ他は3連単で万馬券以上となっている。

 

現在1番人気 ヴェロックス

現在7番人気 レッドジェニアル

 

スポンサーリンク

枠番別傾向

スポンサーリンク

 

  1. 1枠・2枠が3勝ずつ
  2. 6枠・7枠も複勝率高め
  3. その他の枠が極端に複勝率が低い

3枠・4枠は不振。狙うは1~4番・10~14番がねらい目。

特に6と7枠のどちらかはは9/10で馬券になっているのでヒモには6か7枠のどちらかを入れたいところ

 



脚質別傾向

  1. 逃げ馬の成績は複勝率約8%で1回しか馬券にならない
  2. 4コーナーで2番手の馬が3勝1連対
  3. 先行・中段で競馬が出来る馬
  4. 後方集団は厳しい

コーナーを6回も回るため内をロスなく進めれる方がよい。

長距離を走るのでスタミナと折り合いは不可欠。

 



馬体重別・その他傾向

  1. 480~499キロまでが一番馬券になっている
  2. 大型馬になっていくにつれ複勝率が上がる
  3. 関西馬が9-10-9-105でほとんど

関東馬 カウディーリョ・ザダル・ナイママ・ニシノデイジー・ヒシゲッコウ・ホウオウサーベル

前走480~499キロ カリボール・ザダル・ニシノデイジー・ヒシゲッコウ・ヒッチコック・ホウオウサーベル・レッドジェニアル・ヴェロックス



前走別傾向

  1. 前走から騎手の乗り替わりは不振気味
  2. 前走3着以内じゃないと厳しい
  3. 前走上がりが2位までで8-8-5-51とそれ以外は少し厳しい
  4. 前走1番人気が5勝している
  5. 前走神戸新聞杯組が7-6-4-49と優秀
  6. 春の重賞で4or5着馬が連対している
  7. 1勝クラスを1番人気で勝った馬が3連勝中

 

 

前走から乗り替わり ヴァンケドミンゴ・メロディーレーン・ヒッチコック・ヒシゲッコウ・ニシノデイジー・サトノルークス・カリボール・カウディーリョ

前走4着以下 シフルマン・タガノディアマンテ・ディパインフォース・ナイママ・ニシノデイジー・ヒッチコック・メイショウテンゲン・ユニコーンライオウン・レッドジェニアル

前走上がり1or2位 カリボール・ディパインフォース・ニシノデイジー・ヒシゲッコウ・ホウオウサーベル・メロディーレーン・ワールドプレミア・ヴェロックス

前走1番人気 ホウオウサーベル・ヒシゲッコウ・カリボール・カウディーリョ

前走神戸新聞杯組 シフルマン・ユニコーンライオン・レッドジェニアル・ワールドプレミア・ヴェロックス

春の重賞で4or5着 ユニコーンライオン・ニシノデイジー・タガノディアマンテ

1勝クラス1番人気 サトノルークス・シフルマン・ユニコーンライオン・ヴァンケドミンゴ

 

合わせて読みたい

 

穴馬はココカラ

スポンサーリンク

 

狙いたい穴馬

レッドジェニアル

データにはあまりあてはまらない部分は多い。

前走が叩きなら全然逆転のチャンスはある。

ちなみに前走4着以下で馬券になっているのは神戸新聞杯組2頭とセントライト記念組1頭の計3頭で上がりの脚も堅実に使えるのは強み。

スローペースになれば京都新聞杯のように差しで3着届くかも!そして何なりダービー馬のロジャーバローズより先着している事を忘れてはいけない。

 

本命馬はまたブログ更新する予定です~。

-過去レース傾向・穴馬予想
-, , , ,

Copyright© じろうの競馬~過去データと前走の走りから評価する~ , 2021 All Rights Reserved.